'18/1/16
Come On A My House 目次
吉見 吉昭
Come On-A My House
Rosemary Clooney

 2017年暮れのNHK紅白歌合戦で白組のトップバッターが Come On A My House という日本語と英語の混ざった歌を歌ったようですが,「A My House は文法的におかしい?」と思われた方もおられるでしょう。私がすぐに思い出したのは,1951年にローズマリー・クルーニー(Rosemary Clooney)という女性歌手がヒットさせた Come On-A My House という歌でした。歌詞は
     Come
on-a my house, my house, I'm gonna give you candy.
から始まりますが,on と a の間にハイフンが入ることが重要なポイントです。I'm going to give you candy. が I'm gonna give you candy. と書かれているのと同様に Come on to my house が Come on-a my house. と表記されています。この場合の a は不定冠詞ではなく,くだけた表現で want to を wanna,got to を gotta と書くのと同様に on to を on-a と書いたのです。Come on to my house. とか I am going to give you candy. では親しい人の間での会話としては堅苦し過ぎるのだと思います。「家へおいでよ」は,やはり Come on-a my house. でないといけないのでしょう。上記の日本の歌のタイトルでは,著作権に配慮してわざとハイフンが省かれたのかもしれませんが,もはや英語になってないのでしょう。