'17/8/21
ネット上の人名録 目次
吉見 吉昭

 昔は電話帳に氏名と住所を登録するのが当たり前で,踏み台に代用されるほど厚い本でしたが,“オレオレ詐欺”などの特殊詐欺が横行する現在では,登録する個人は非常に少なくなっていますし,電話帳のない携帯電話が主流になっています。分厚い交詢社の『日本紳士録』には,生年月日・現住所・学歴・職歴・受賞歴・著書の他,配偶者の学歴とその父の氏名まで出ていましたが,2007年の80版を最後に休刊になりました。その他の印刷物としての人名録も休刊になっているようです。。

 一方,インターネット上では,新聞社などによる『人物データベース』が有料で閲覧できる他,ウィキペディア(Wikipedia)などの“百科事典”があって,知名度の高い人については詳しい情報が無料で閲覧できるようになっています。ネット上で偶然見つけたのですが,日本人も掲載されている prabook という英語の人名録には,ローマ字・漢字の姓名,生まれた場所と年月日,学歴,職歴の他,結婚の年月日,両親の名前,配偶者の旧姓,子供の名前までが正確に書かれています。どうやら,マークィーズ・フーズ・フー(Marquis Who's Who)という人名録に提供された情報が引用されているようです。