'18/9/1
フェイスブック体験記 目次
吉見 吉昭

 「八十の手習い」どころか,米寿になってからフェイスブック(Facebook)を始めました。ギネスブックものかもしれません。これは国際的なソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の一つで,ハーバード大学の学生が始めたものが他の名門大学を経て高校生に広がった後,13歳以上なら誰でも無料で加入できるようになっており,世界中の“アクティブユーザー数”は14億を超えているそうです。実名・有効なメールアドレス・個人情報を登録することになっていますので,お互いに承認した“友達”同士なら問題は少ないはずです。しかし大量の情報流出が問題になりましたので,流出しては困る情報は発信しないよう気をつけるべきでしょう。また,友達がシェアする記事のなかに“フェイクニュース”が含まれる可能性が残りますので要注意です。

フェイスブックのアルバムの“目次”の例

 国際的な交流もできるように,本来は自分の名前をローマ字表記にしたかったのですが,著書の『従軍慰安婦』が英訳されてローマ字の氏名が海外で有名になっている吉見義明氏と混同されるのを避け,かつ漢字の読めない友達にも分かるように,変則ですがYoshimi吉昭にしました。これなら同姓同名はほとんど無いので好都合です。孫娘と友達になったところ,設定が適切でなかったためか彼女の友達からの投稿が殺到しましたので,すぐに友達関係を打ち切りました。今では,学歴・職歴または専門分野が同じ54人の方々に友達になって頂いて,旧交を温めたり,情報交換をしたりしています。

 写真または動画にコメントをつけて投稿できるようになっていますが,複数の写真を投稿すると,縮小した5枚ほどが右の写真のように目次的に示され,それぞれをクリックするとフルサイズになります。写真以外でも他所で発表された文章をスキャンして画像化すれば,1000字程度なら読み易い画面になります。新聞の地域ニュースをスキャンして投稿することも試みています。ネット上のニュースなどの記事にのようなロゴがあれば,それをクリックすると,即座に自分のページ(タイムライン)上にシェアできますが,前述のフェイクニュースの拡散に加担しないように注意する必要があります。関心のある投稿にはロゴ(いいね!,超いいね!,うけるね,すごいね,悲しいね,ひどいね)を使って感想を示したり,コメントを書き加えたりすることもできます。新しい投稿やメッセージが入るとメールにお知らせが来ますし,新しい友達が加わると,その友達の顔写真と名前が紹介されます。万事行き届いて使い易いソフトです。アクセス数が20万を超えているとはいえ,ホームページが基本的に発信オンリーなのに対して,双方向に自由に交信できるフェイスブックのメリットを活かして行きたいと思います。URLを打ち込むと,表題・見出し・1枚の写真が即座に現れる機能を活かしてホームページを引用することで,投稿記事の内容を豊富にできるように感じています。しかし,国際的な調査によりますと,“いいね!”欲しさに,投稿内容を脚色・誇張したり,友人・知人の好ましくない情報を暴露したりする人もいるようです。私の友達の中には,開店休業の方もいれば,逆に依存症と思われるほど毎日せっせと投稿する方もいます。