'06/4/10
構造計算と構造設計の手順 目次
吉見 吉昭
構造計画 構造物の構造解
析用モデル化
一貫構造
計算プロ
グラム
建物重量の算定
荷重算定
応力解析
断面算定
 まず建物の規模や予算に応じて,鉄筋コンクリート(RC)・鉄骨・鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)などのいずれにするかを決めます。つぎに設計図と仕様書に基づいて部材の断面を仮定し,構造計算を始めますが,固定荷重・積載荷重の計算は屋根から始まって下に向かいます。建物の重量と地盤によって基礎形式が決まります。ふつうの建物であれば“一貫構造計算プログラム”を使って計算を行いますが,これは,応力計算と断面内の必要鉄筋量の算定を自動的に行うものです。これに基づいて構造設計図の作成まで行うものが“一貫構造設計プログラム”です。

 構造計算プログラムは,構造力学・材料力学および学・協会の設計指針に基づいた構造設計法に準拠して作成されており,正しく計算が行われていることを,国が制定した性能検査法により,審査機関が審査して認可したものであることが必要です。構造計算結果に基づいて構造図が作成されますが,その中には梁・柱などの部材の断面寸法,鉄骨のサイズ,鉄筋の太さと数が示されます。話題になった耐震強度偽装が見落された原因として,図面のチェックが軽視されたことを指摘する人もいます。

参考図書
吉見吉昭:『地盤と建築構造のはなし』,技報堂出版,2006