'17/5/3
年号と世紀は数え年 目次
吉見 吉昭

 “〇〇元年”という表現がよく使われますが,年号は,変る年が元年なので“数え年”ということになります。一方,世紀には,キリストの生誕年を含む 100 年を第一世紀と呼ぶ場合と,“半世紀前”というふうに 100 年間を意味する場合とがあります。前者の場合,日本語では単に“20 世紀”などと言いますが,本来は“20 世紀”の意味で,英語では必ず twentieth (20th) century というふうに,序数の表現です。私が子供のころは,年齢も数え年でしたから,1 歳は“第 1 歳”または“生まれて 1 年目”を意味しましたので,12 月生まれの子供は,年が明けるとすぐに 2 歳になりました。「三つ子の魂百ま で」の三つ子は満でいうと 1 歳ちょっとの場合もあったわけで,非常に幼い子供という意味でしょう。12 月生まれと 1 月生まれとでは,同い歳でも満年齢では 1 年近く離れていたわけです。元日に一斉に年をとるので,「もういくつ寝るとお正月 ♪」と,正月の意味が重かったと思います。元日には小学生も講堂に集まって,教育勅語の朗読と校長先生の訓示を聞かされました。今はお正月はお年玉をもらうイベントに過ぎず,誕生日とかクリスマスのほうが重要になっています。