'07/3/6
男色(オトコイロ)と女色(オンナイロ)目次
吉見 吉昭


 青いオニイチャンと
黄色のオニイチャン
 赤いオネエチャンと
ピンクのオネエチャン

 トイレの入り口にあるズボン姿とスカート姿のアイコンは,それぞれ男性用と女性用であることを示す標識として普及していますが,米国あたりでは色の区別をしていない所が多いように思います。一方わが国では,ほとんどの場合男性用は黒か青で,女性用は赤かピンクになっているだけでなく,トイレの中のタイルまで色分けしている場合も少なくありません。(台湾では日本と同様にアイコンを色分けしているようです。)また,小学生のランドセルは,ふつうは男子が黒,女子が赤になっています。これは,髪型,着物から履物に至るまでが性別と身分によって決まっていた江戸時代以来の日本人の紋切り型的習慣を示しているのかと考えましたが,諸外国でも多かれ少なかれ同様なことがあったでしょうから,あるいは日本人独特のこだわりの反映かもしれません。

 2歳をちょっと過ぎた孫娘が,写真に示す顔のないプラスティックのおもちゃを,人として認識するばかりか,青と黄の場合は“青いオニイチャン/黄色のオニイチャン”と,赤とピンクの場合は“赤いオネエチャン/ピンクのオネエチャン”と男女を区別して呼んでいるのです。自分の姉と兄の服装とか絵本などから類推したものと思われますが,ちょっと驚きます。