'18/3/29
外国語の歌 目次
吉見 吉昭

 ラジオから聞こえてくる女性歌手の英語の歌がアメリカ人が歌っているものとばかり思っていたところ,その後で歌手が美空ひばりであることを知らされて驚いたことがあります。彼女が英会話ができないと聞いていたからです。逆に,テレサ・テンのような日本で活躍した歌手はもちろん,一時的に来日した外人歌手が歌う日本語の歌でも,一般の外人が苦労するラリルレロの発音を含めて完璧な日本語になっていることが多いので,一流の歌手の聴覚と発声器官が優れていることによるのでしょう。歌詞の発音さえうまく真似ることができれば,メロディーが決まっているので,語りと違ってイントーネーションを気にする必要がありません。イタリア語の分からない私には判断できませんが,イタリア人以外のオペラ歌手もイタリア語のオペラを立派に歌っているものと想像します。(ただし,歳末恒例の素人コーラスグループによるベートーベン交響曲第九番のドイツ語の発音は ? !)

 美空ひばりの英語の歌があれほど上手なのは,彼女の聴覚と発声器官が並外れて優れていたお蔭でしょう。一方,有名な日本人の歌手でも,英語の発音がイマイチの人がいます。NHK のラジオ深夜便で Love is a Many Splendored Thing (邦題“慕情”)が聞こえてきましたが,thing の発音がおかしいなと思っていたら,歌手は石原裕次郎でした。