'13/4/30
1950年代のアメリカ 目次
吉見 吉昭

 戦後5年を経て1950年代に入ったアメリカは,本土が戦災を受けなかった唯一の戦勝国として大いに繁栄しました。二十歳代だった私はたまたまその間の7年間をアメリカの北西部および中西部で暮らしましたので,その経験を少し振り返ってみようと思います。 

1950 朝鮮戦争
1951 マッカーサー解任,対日平和条約
1952 アイゼンハワー大統領
1953 マッカーシー上院議員の赤狩り
1954 54%の家庭にテレビ普及
1955 市民権運動
1956 エルヴィス・プレスリー
1957 スプートニック・ショック
1958 NASAの設立,平均年収5,000ドル
1959 アラスカ州とハワイ州の誕生

 右の表は1950年代のアメリカに関係の深い主な出来事を示しています。朝鮮戦争での戦略について意見が合わなかったため,トルーマン大統領に罷免されて帰国したマッカーサー元帥は,英雄として熱狂的な歓迎を受けました。私はガリオア留学中で,上下両院合同会議での彼の演説をラジオで聞きましたが,日本国民に対してつぎのような最大限の賛辞を呈しました。

この演説の最後の言葉 Old soldiers never die; they just fade away.(老兵は死せず,消え去るのみ。)は,今になっても耳に残っています。自分のほうから仕掛けた戦争とはいえ,負けた後の日本人の殊勝な態度は見事だったと思います。ドイツのように分断されなかったことは日本にとって幸いでした。吉田茂,白州次郎のような方の貢献も忘れてはならないと思います(青柳恵介:『風の男 白州次郎』,新潮社,1997)。

 大学のキャンパスにいる限り,人種差別を強く感じることはありませんでしたが,1951年の私の運転免許には,Race(人種)という項目があり,黄色人種を意味する Y が記入されていました。ワシントン大学では,GIビルという除隊軍人用の奨学金を貰って勉強する黒人学生がいて,その一人からは非常に親切にしてもらいました。一方,市民権運動以前の南部での黒人は,バスでも公衆トイレでも,はっきりと差別されていたようです。その意味では,治安が良く繁栄した黄金時代とは白人にとっての話だったのかもしれません。

 シビルエンジニアリング学科の大学院で,日本に進駐したアメリカ人技術者の経験談を聞く機会がありましたが,彼は日本の上水道の技術レベルが予想をはるかに超えて高かったことを強調していました。聴衆の中に日本人がいることを知らずに話したことなので,本音だったはずです。

 1953年からしばらくの間,私はシカゴの郊外に住んでいましたが,シカゴの場末にある日本食の一膳飯屋の辺りを真夜中にうろついても,全く身の危険を感じることはありませんでした。そのころは治安が良かったこともありますが,我々のような貧乏な日本人はカモにはならなかったことが一番大きな理由だと思います。金持ちで丸腰の昨今の日本人が,先ず強盗のターゲットになるのとは全く違っていました。

 マッカーシーの赤狩りは猛威を振るったようで,チャップリンが英国に移ったほどでしたが,興味がなかったので,よく覚えていません。結局自浄作用によって失脚させたられたようです。ここが外圧に頼りがちな日本と違うところでしょう。

 泰平の眠りを覚ました出来事が1957年のスプートニックでした。数学と理科の教育の重要性が叫ばれ,翌年にはNASAが設立されました。それから11年後に人類の月面着陸を成功させた集中力は見事だったと思います。