'16/5/21
秩父丸から鎌倉丸へ 目次
吉見 吉昭

CHICHIBU MARU

TITIBU MARU

KAMAKURA MARU

 昔聞いた話ですが,1937年に“訓令式ローマ字”が決められた後,日米航路で運航されていた秩父丸という客船のローマ字名が,ヘボン式の Chichibu Maru から Titibu Maru に変えられたそうです。新しい標識をつけてアメリカの港に入りますと,仲仕たちが,船名の Tit(オッパイ)が可笑しいと,げらげら笑ったといいます。そこで,訓令式ローマ字でも滑稽でない Kamakura Maru に改名したそうです。

 最近は,NHKとかNASA など,ローマ字の大文字を並べた頭字語が沢山使われていますが,会社名などを英訳するときは,その頭字語がKKK(クー・クラックス・クラン),NAZI(ナチ)のような不快感を与える言葉や下品な言葉になっていないことを,よく確かめる必要があるでしょう。ちなみに,卑猥語のことを s . . t や f . . k に代表される4字の語が多いことから four-letter words と言うようです。(4文字熟語とは全く違いますね。)

 ところで,Titibu Maru に話を戻すと,Tokyo Institute of Technology (東京工業大学)の頭字語は TIT になります。これが変な印象を与えないかと心配する人がいましたが,ティットではなく,MIT(エム・アイ・ティー=マサチューセッツ工科大学)式にティー・アイ・ティーと読めば,別にかまわないようです。ドットをつけて,T.I.T.と書けばさらに安心でしょう。親交のあった米国人の元技術将校が1976年に書いた自叙伝を最近入手しましたが,その中で私に言及した部分で Yoshiaki is a full professor of structural engineering at Tokyo Tech.(ヨシアキは東工大の構造工学の教授です。)とありました。ジョージア・テック(Georgia Tech= Georgia Institute of Technology) などにならった言い方で,米国人にとってごく普通の略称だったのでしょう。東工大自身も,英文のホームページTokyo Tech という略称を使っています。

理系人による実践的英語術