'18/9/18
ゴルフの解説 目次
吉見 吉昭

 昨今は自分でゴルフをする体力がなくなりましたので,もっぱらテレビのプロゴルフを観戦しています。アメリカで行なわれるプロゴルフの解説は,往年の名選手が担当しているようで,それが当然のように思えます。わが国ではアマチュアがプロゴルフの解説をすることがありますが,アマのくせにプロの技術を云々するのは身のほど知らずというほかありません。(元プロゴルファーの解説者でも,パットの曲がり方などについてずいぶん出鱈目な予言をする人もいますが。)

 アメリカに留学した経験のあるプロゴルファーの倉本昌弘が週刊誌で,「天候が穏やかならハイスコアになるし,荒れたらロースコアになる。」と真逆の表現を使っていました。その他のゴルフの解説者もよく言う「ビッグスコア」,「スコアアップ」,「ハイスコア」,「スコアを伸ばす」は,英語に直訳すると全く逆になるので要注意です。つまり,ゴルフではスコアが少ないほど良いので,low handicap(低いハンデ)などと,低いが良い意味になります。Tee shots need to stay away from trouble to avoid big scores.(大叩きを防ぐにはティーショットはトラブルを避けるべきです。)という文脈では,ビッグスコア=大叩き になるので大変です。ただし,ローアマ(low amateur)だけは日本語でも正しい言い方になっているようです。これは解説とは無関係なあら捜しですが,日本人のシニアゴルファーの胸に,右の図のように Pat Is Money と大きく書いてありました。 Drive for show, putt for money (ドライバーショットは見世物,金になるのはパット) という格言をもじったのでしょうが,ゴルフのパットは putt であって pat ではありません。pat は「軽く叩く」という意味です(動詞または名詞)。

 ところで,外国人のゴルファーが日本に来て,サービス精神を発揮して,いいことを言ってくれたのに,英語自慢の戸張なるゴルフキャスターがそれを理解できずに視聴者に伝わらないことがありました。有能な通訳を使わなかったことは,視聴者に対して失礼なことだと思いました。このゴルフキャスターの例二つとゴルフ用語を知らない通訳の例一つを示します。