'07/10/27
土と表層地盤 目次 
吉見 吉昭 

 ここで言う土とは,農林業での土壌とは違って,地盤工学的立場から,粘土・砂・礫・風化岩・有機質土を含むものとします。土は,土粒子によって構成される“骨格”とその間隙を占める水および気体(ふつうは空気と水蒸気)から成っています。したがって,土は単なる固体でない“粒状体”として,つぎの特徴をもっています。

粒子の大きさによる土の分類
 粒子の大きさの小さい順に,粘土(5ミクロン以下),シルト(5〜75ミクロン),(75ミクロン〜2 mm),礫(れき)となります。粘土およびシルトの一部は粘り気があるので,“粘性土”と呼ばれます。

地層の種類
 堆積年代の若い順に,埋立て層,沖積層,洪積層,第三紀層などがあります。さらに古い地層は硬い岩盤なので,ふつうは建築基礎のトラブルとは関係がありません。

表層地盤
 軟弱地盤は,埋立て層と沖積層を含み,地表面近くにあって地下水が浅いことが多いのです。高有機質土は“超軟弱地盤”と言えます。表層地盤を構成する主な土の成因などを下表に示します。間隙率とは,土全体の体積に対する土粒子以外の間隙の体積の比率で,砂以外では70%以上の大きな値になっています。間隙の大部分は水なので,脱水すると収縮します。苗木を植えるために穴を掘ってから,しばらくして埋め戻すと,根の体積の分だけ穴が小さくなったはずなのに,土が足りなくなるのは,脱水収縮のためです。

沖積砂 沖積粘土 火山灰質粘性土* 高有機質土
成 因 岩の物理的
風化
岩の化学的
風化等
火山灰の風化 生物の遺体
代表的
間隙率
47% 70%強 80% 非常に大きい
代表的密度
g/cm3
1.9 1.5 1.2 非常に低い
透水性 高い 非常に低い やや低い かなり高い
問題点 液状化 圧密沈下 乱すと非常に
弱くなる
非常に軟弱

*関東ローム火山灰質粘性土の代表例です。


吉見吉昭:『地盤と建築構造のはなし』,技報堂出版,2006

地盤と建築基礎