地盤と建築基礎 吉見吉昭のホームページ 
吉見 吉昭

 建物の下には基礎があり,さらにその下には地盤があります。人工の材料からできている基礎構造物は,経済的な制約の範囲で,その形や強度を好きなように決められますが,地盤のほうは,ふつうは自然のままで,表面から見ただけでは,その正体を知ることができません。

 家を建てるということは,多くの人にとって一世一代の大事業です。もし,不同沈下・崖崩れなどの地盤・基礎がらみのトラブルが起ると,その補修に多くの費用と長い時間がかかるので,大変なことになります。一方原子力発電所のような重要施設においても,地盤の変形が問題を引き起こしています。そのようなトラブルを未然に防いだり,合理的な補修方法を知るためには,地盤と基礎について理解しておくことが必要です。このテーマは地盤工学の一部ですが,ここでは,できるだけ専門家でない方にも分かるように説明してみたいと思います。

 単行本の『地盤と建築構造のはなし』(技報堂,
2006)も参照してください。