'15/9/28
昭和10年代前半の台湾の尋常小学校 目次
吉見 吉昭

 私は台湾の北端にある港町の基隆
(キールン)市の双葉尋常小学校に昭和9年から15年まで(1934〜1940)通いました。1941年に小学校が国民学校に変わる直前のことです。男女別のクラスが四つあって,それぞれに60人ほどの児童がおりました。組替えは全くなかったと思います。学芸会以外で女の子と行動を共にする機会は全くありませんでしたが,気になるマドンナ的存在の名前はそれなりに知っていました。先生方は師範学校卒業だったようで,写真のように詰襟の制服を着て制帽をかぶっており,すべての教科を担当していました。昨今は“35人クラス”が話題になっていますが,60人クラスでも,いじめなどがあった記憶は全くなく,見事に秩序が保たれていました。“修身”で教わったよりは,『少年倶楽部』などで読む理想主義小説の影響のほうが強く「弱いものいじめは卑怯だ。」という正義感を共有していたように思います。また両親の話しぶりからも,先生方が信頼され,尊敬されていたことは明らかでした。21世紀に“モンスターペアレント”が現れることは想像さえできなかったでしょう。今の先生方は本当にお気の毒だと思います。
 
 双葉尋常小学校の男子クラス

 6年生の同級生が書いた「級友」と題する作文を,少し長くなりますが原文の字体と仮名遣のまま,実名を伏せて紹介します。これを見ても和やかな雰囲気が分ると思います。

「同じ教室で,兄弟のやうに仲よく過してゐる僕等の級友五十八名の中には,随分と變わったものが多い。
 二列目の一番後に位置を占め,眼の細い,でっぷりとふとって,然もいつもにこにこしてあいけうのある人,此の人こそ校内誰しらぬ者なき豪傑,A君である。重さも力も人の二倍・三倍といふものすごさ,それでゐて気だてがやさしく,なかなかの勉強家である。
 せっかちで寝る時だけはじっとしてゐるが,あとの時間は一分一秒もじっとしてゐられないといふのがB君。だが大變世話好きで,頭も非常に良く,先生のお話など少しも聞いてゐないやうで,然もちゃんと分ってゐる。算術など人の三分の一位の時間でやってしまって,あとは遊んでゐる。それで百點をとるのだから全くえらいものだ。
 B君のすぐそばに位置をしめてゐるC君は,級内きっての天才児だ。小さくて弱そうな體だが,きりっとした口もと,力強い眼光を見た時には,誰の眼にも非凡の人と思はれる。努力家でもあり感情家であって,綴方などいつも面白く上手である。叉非常に議論が好きで,友達が集って,教室や校庭のすみなどで科学の議論などやってゐる時は,たいていその仲間入りをしてゐる。
(中略)
 其の他にも色々かはった友がたくさんゐるが,これらの友とも,やがて三月になれば別れてしまはねばならないと思ふと,何となくさびしい気がしてならない。」

 4年生の年の7月に支那事変(日中戦争)が始まり,父が召集されるなど,軍国色が次第に濃くなってきましたが,戦地の兵隊さんに慰問文を書く以外では,小学生の生活には大きな影響はなかったと記憶します。ちなみに4年生から6年生までを担当して頂いた,師範学校を卒業して間のない藤沢先生は,最終的に香川県で新制高校の校長になりました。

 小学校に通う児童の大部分は日本本土に本籍をもつ“内地人”でしたが,ごく少数の“本島人”の子供もおりました。当時は意識しませんでしたが,富裕家庭の子弟だったようです。小学校の隣には,本島人の子供の通う同じような外観の“公学校”があり,日本語による教育を行っていましたが,小学校との交流は全くなかったようです。住居や商店街についても,内地人と本島人の住み分けが行われていましたが,差別というよりは,そのほうがお互いに気楽だったからだと思います。植民地で極端な愚民政策をとった欧州列強とは正反対に,日本は朝鮮半島や台湾で学校教育の普及に努めました。その結果,台湾では1944年の時点で公学校への就学率が8割を超えていたようです。公学校で教えた内地人の先生の中に児童から慕われた方がおられたことは,成人した元児童たちが興信所まで使って先生の引揚げ先の住所を探し出して,ツアーを組んで訪ねて行ったことからも明らかです