'06/6/15
研究所・研究室の英訳 目次
吉見 吉昭

 研究所を英訳するときに,“研究”の顔を立てて Research Laboratory とする場合がありますが,米国では,Jet Propulsion Laboratory のように,Research を入れない例が多いようです。また,研究室という言葉は,ふつうは複数の研究者によって構成される組織を指すこともあれば,場所を指すこともあります。場所としては,実験室であったり,机・パソコンなどを置いた,デスクワークをする部屋であったりします。これらに対応する英語を考えてみましょう。

研究の組織
 米国には,Fermi National Laboratory,Goddard Institute for Space Studies などのように,原子核物理学の父 Fermi とか,ロケットの父 Goddard という,超大物の名前をつけた研究所はありますが,わが国の大学によくある,教授または助教授が主宰する“田中研究室”というふうな呼称はないようです。もし,ある研究グループに名前をつける必要があれば,Fracture Mechanics Division などと分野名をつけています。したがって,Tanaka Research Laboratory などと言うと,コンサルタント会社と間違えられるかもしれません。ましてや,Tanaka Research Room という直訳ではピリッとしません。

研究の場所としての研究室
 わが国の大学における(理工系の)研究室は,そこでコンパをしたり,ふとんを持ち込んで泊り込んだりと,仕事場だけでなく,生活の場になっている場合が多くて,相撲部屋と似ているためかどうかはわかりませんが,研究室を“部屋”と呼ぶことが珍しくありません。一方,英語では,仕事をする場所は,目的・形態によって,office,laboratory,shop などと言うことが多いようです。room の意味は広いので,emergency room(緊急治療室)のような場合でも使われますが,前後の関係によっては,家庭・下宿・ホテルの部屋を指すことが多いようです。「これから僕の部屋(研究室)に戻ります。」と言うつもりで,I'm going to go back to my room. と言うと,仕事を止めて,下宿または寮の自分の部屋に帰ると誤解されるかもしれません。office または laboratory と言うほうが無難でしょう。

理系人による実践的英語術