'06/9/18
プレゼンテーションの今昔 目次
吉見 吉昭

 理系の講演では「百聞は一見に如かず」で,図や写真が欠かせません。昔は黒板にチョークで図を描いていましたが,これには「間が取れる」ので理解しやすいという長所があり,部屋が小さく時間に余裕のある場合は,今でも有効な方法です。その後,大きな会場で効率的なプレゼンテーションを行う方法として,スライド・プロジェクターやオーバーヘッド・プロジェクター(OHP)が使われるようになりました。透明シートにマジックで手描きすることは板書と大差ないのですが,コピー機の普及に伴って,印刷された論文のフルページをそのままコピーして,双眼鏡を必要とさせるような弊害が現われました。一方では,わざと未完成な図を用意しておき,その場で加筆して完成させるという,ハイブリッド的なうまい方法を使う人もいました。

 上記のアナログ式に対して,デジタルプレゼンテーションとしてマック用のパースエージョン(Persuasion)というプログラムが開発されましたが,今ではマイクロソフト・パワーポイント(Microsoft PowerPoint)が全盛となっており,スキャナーやプロジェクターの普及とともに,研究発表会などでも活用されるようになっています。動画を含むいろいろな技術を駆使して,凝ったスライドを作る人が増えましたけれども,「過ぎたるは何とやら」で,次のような問題が出てきました。

 プレゼンテーションのやり方を話題にすると,「そんなことより内容が大事だ。」と言う人がいますが,上級者へのアドバイスのページでも書きましたように,語学力と論文内容の関係と同様に“二者択一”ではなく,“車の両輪”として捉えるべきだと思います。