'05/12/31

標準貫入試験(Standard Penetration Test = SPT) 目次
吉見 吉昭

標準貫入試験装置

 標準貫入試験(JIS A 1219)は,広く用いられている動的貫入抵抗試験で,つぎの手順で行われます(右図参照)。

  1. 鉛直に地中にあけたボーリング孔の底に,内径35±1.0 mm,外径51±1.0 mmの標準貫入試験用サンプラー(縦に二つ割りにできる鋼製パイプ)を立てます。
  2. サンプラーの上につけたボーリングロッド(鋼製丸棒)に固定したノッキングブロックに,63.5±0.5 kg のドライブハンマーを76±1 cmの高さから自由落下させます。
  3. 標準貫入試験用サンプラーを地中に30 cm貫入させるのに必要な打撃回数を(えぬち)として記録します。(ハンマーを置いただけで30 cm以上貫入すると“モンケン自沈”ということで,N値はゼロと記録されます。)
  4. サンプラーから土の試料を回収します。これは乱れた試料ですが,粒径分布,土粒子密度,および粘土の含水比は測定できます。
  5. ボーリング孔を堀り進めて,通常は1b毎にN値を測定します。

 N値は,土の強さまたは堅さの指標として広く用いられていますが,同じ値でも,深さと土の種類(砂,粘土など)によって,その意味にかなりの違いがあります。例えば10bの深さにあるN値10 の砂は,地震時に液状化の恐れがある,ゆるい砂ですが,N値10 の粘土は,かなり安定した土で,低層建物を支持するには十分の強度をもっています。土の試料が採取できる特長を活かして,土の種類を判別する粒径分布試験を行うべきです。沖積粘土では,N値が0〜2程度と小さいことが多く,定量的な扱いに適さないのに対して,後で述べますように,乱さない試料の採取が困難な砂質土では,N値の利用価値が高いといえます。しかし,“コーン・プーリー法”を用いたり,大きい礫があったりすると,N値が過大評価されるので,注意が必要です。ハンマー自由落下の条件を満足するために,最近は,簡便な半自動型落下装置が開発されていますので,それを積極的に活用して,データの信頼性を高めることが賢明です。


吉見吉昭:『地盤と建築構造のはなし』,技報堂出版,2006

地盤と建築基礎