'10/12/16
小学生サミット?! 目次
吉見 吉昭

 カタカナ語に関するページで簡単に触れましたように,近頃は“小学生サミット”,“焼きうどんサミット”など,集会のことをサミットと称することがあるようですが,語源である英語の summit は,ウエブスター大英英辞典には

とあり,Wikipedia には

とあります。後者によれば,語源は summit meeting の省略形で「国または政府の首脳が集って,ふつうはマスコミにかなり開放され,厳重な警戒のもとで,予め決められた議題にしたがって開催される会議」を意味します。summit=頂上 を直訳すれば“頂上会談”になり,summit conference と言うこともあります。(日本語のウィキペディアでは“主要国首脳会議”)

 上記の定義によれば,モーツァルトやピカソのような神童を集めてみても“小学生サミット”と呼ぶことは無理でしょう。まして猫も杓子も自分たちの集会をサミットと呼ぶことは,自治会のミーティングを“閣議”と称するようなもので,ジョークでなければ無知をさらけ出すことになります。国内だけならカタカナ語として許されるかもしれませんが,国際的なイベントをむやみに summit と呼ぶことは誤解を招くので厳に慎むべきでしょう。言葉に敏感であるべきジャーナリストが“かっこいい”というだけの理由でいい加減な言葉を自ら乱用し,またはそれを黙認するのは全く困ったことです。