'17/7/3
追突被害体験記 目次
吉見 吉昭
 

 私が米国東部にあるピッツバーグ市のカーネギー工大で教師をしていた1961年に,郊外の自宅に向かって高速道路を独りでフォルクスワーゲン・ビートルを運転していたときの話です。すぐ前の車が急に減速したので,私もブレーキを踏んで追突を避けたのですが,後ろのドライバーが気付くのが遅れた結果,まともに追突されてしまいました。私はシートごと床から外れて後ろにひっくり返えり,ハンドルが私のあごに当たって曲がりました。警官が来て,私の落ち度でないことがはっきりした後,病院で診察を受けた結果,むち打ち症も打撲傷も無いことが判明しました。私のあごはハンドルより強かったようです。車が修理不能になったほどの衝撃でも車が炎上せず,シートベルトが無かったにもかかわらず,私がほとんど無傷だった理由としてつぎのことが考えられます。

 下の写真に写っている当時2歳の長男などの同乗者がいなかったことも幸運でした。