'04/10/11
フリー=自由とは限らない  目次
吉見 吉昭

 フリーダムとかフリーチケットのフリーは,自由または無料という意味ですが,smoke-free restaurant (スモーク・フリー・レストラン)は禁煙レストランのことで,“フリー=自由”だから,喫煙自由と勝手に解釈すると全く逆になります。この場合のフリーは,「○○が無い」という意味で使われているわけで,“smoke-free cigarettes =無煙煙草”や“duty-free=免税”と同様です。

 もう一つの“フリー≠自由”の例は,フリーマーケットです。この場合のフリーは flea(蚤)ですからノミの市のことで,何でもタダのマーケットでないことは誰でも知っています。ライト(right=右,または light=光)と同様に,RとLを区別できないカタカナに関する一種の同音異義語の例でしょう。

理系人による実践的英語術