'16/7/20
復員将校の大学生からの再出発 目次
吉見 吉昭

 終戦直後の非武装化により,わが国の職業軍人はすべて失職しました。大正末期に生まれた若い陸海軍将校と昭和初めに生まれた陸軍士官学校,海軍兵学校などの生徒の中には大学に入って第二の人生を歩み始める人がいましたが,建築学科の私のクラスでは総勢35人の五分の一に当たる7名おりました1)。もともと文武両道に優れた方々で,いずれもきわめて真面目に学業に励んでいました。とくに身分を隠すことはしませんでしたが,彼等が戦時中の話をするのを聞いた記憶がありません。今から考えますと,努めて低姿勢を保っていたのかもしれません。私が所属した研究室の二人の同級生はそれぞれ元陸軍少佐と元海軍大尉(だいい)でしたが,妻子のある身で穏やかな紳士でした。家族を養いながらの学生生活は楽ではなかったと想像します。

 
復員将校だけではありませんが,戦後に転進を余儀なくされたのは,戦後7年ほど完全に解体された航空産業に関連のあった方々で,航空工学科出身の技術将校や在学生は,文字通り,かつ,良い意味での“天下り”をして他の工学分野で絶大な貢献をしました。

 バアス党政権時代のイラクの軍人はフセインの虎の威を借りて,シーア派の国民ややクルド人をいじめたようですが,わが国の職業軍人の場合は,憲兵の一部を除いてそのようなことは全くありませんでしたので,比較にもなりません。建設現場は戦場と似たところがあるのかもしれませんが,元将校たちは卒業後は指導力を発揮して建設会社の上級役員になった人も少なくありません。

 中東諸国の惨状を見るにつけ,日本人の“まな板の上の鯉”的な潔い負けっぷりの良さと,地震・暴風・豪雨による災害を耐え忍んできた経験に培われた「過去は水に流し,現在の状況に注意を集中して柔軟な適応能力を発揮する国民性2)」が戦災からの復興にとっても大きなプラスになったことは間違いないでしょう。


  1. 私より1年上の1946年入学のクラスではこの割合がもっと高かったようです。
  2. 加藤周一:『日本文化における時間と空間』,岩波書店,2007